2005年7月 | 珈琲豆、キッチン小物のコクリコ

珈琲豆 珈琲時間 ABOUT SHOP 商品について SHOPPING INFO ORDER
SALON Blog お便り

2005年7月


7/28(jeudi)

土用の丑、うなぎの日。
おいしそうなうなぎを戴いたので
今晩の夕食はもちろんうな丼。

数年前にTVで「うなぎをおいしく焼こう」とかなんとかを観て
とても美味しくできたのでうな丼はこの作り方で作っています。

材料...うなぎ、濃い口醤油かたまり 300cc、みりん250cc
酒:100ccさとう:200g

1、うなぎを白焼きします。
2、うなぎ以外の材料を合わせ煮つめます。
3、2に1を入れ、タレを回しかけます。
4、3をグリルで焼いて出来上がり。
  好みで山椒をかけていただきます。
外はカリッと、中はふんわりのうなぎの蒲焼きです。

7-28

7/24.25(dimanche)

長野・山梨へ行ってきました。
今回は大泉村で宿泊で、初日は原村、富士見
二日目は大泉、清里、茅野へ。
とても充実した楽しい旅行ができました。
何よりも嬉しかったのは気球に乗れたこと。
ふわーっと宙に浮く感じで雲や山に近づける気がして
時間が止まればいいのにと思ったほど。
操作して下さった方は、気球で八ヶ岳を越えた事があると
言っていました。
風にまかせてプアプアと飛んでいくのです。いいですね。

八ヶ岳美術館やカナディアンファームでの食事や散歩、
自然文化園でプラネタリウムや原っぱではうたた寝、
大泉では美味しいカレー屋さんや八ヶ岳倶楽部に
モーリスカントリーでアンティークを沢山見せて頂いたり
茅野のバラクライングリッシュガーデンで
スコーンやケーキをいただきのんびり庭園を散歩したりと
何度と足を運ぶ場所ですが、いつも気持ち良く楽しめます。

また、宿泊した大泉のB&B「 Chipping north cottage 」 が
とても素敵だったこと。
コッツウォルズのはちみつ色のコテージです。
内装もイギリスのB&Bと同じで..
すべてがイギリスでした。
可愛らしくて、とても静かでTVもなく、
無の時間がとても素敵に感じられました。
キッチンガーデンの新鮮な野菜を使った
イングリッシュブレックファーストも美味しかったし
イギリス好きなオーナーとのお話も時間を忘れるほど
夢中になりました。
イギリスが好きな方、
TVもなくイギリスのB&Bスタイルが好きな方には
オススメです。

リフレッシュできて、楽しめて、やはり緑の中は気持ちいい。

7-24-17-24-27-24-37-24-47-24-5

7/22(vendredi)

食後の楽しみにいただくのはフルーツが多い我が家、
この時期はスイカにメロンにパイナップルに桃
大好きなものばかり。
冷蔵庫に入っていると嬉しくなります。
夏には美味しい果物や野菜が多いので
楽しみが増えます。

昨日も大きなスイカを戴きました。
夫も私も甘くて水分たっぷりのスイカが大好きなので
昨日と今日で半分をぺろっと食べてしまいました。
昨年はほとんど毎日食べていたように思います。

スイカと言えば、小学校の頃TVで志村けんが
三日月形のスイカをガブガブと食べ
タネを口からフッーっと飛ばしてたのを観て
やってみたいと思っていました。

7-22

7/15(vendredi)

毎年初夏になると義母が紫蘇のシロップを作ってくれます。
紅色の紫蘇を氷砂糖で漬けた赤紫色がきれいな甘いシロップです。

普段はお水で割ったり、ソーダで割ったり
冷たいジュースにしていただきます。
最近、気に入っている飲み方は
紫蘇シロップとカルピス。ちびっ子が喜びそうな
薄桃色の可愛らしいドリンクです。

写真のひとつはソーダ割り、
もうひとつは、紫蘇シロップとカルピスです。
可愛らしいと思いませんか?
焼酎割りにしても美味しいですよ。

* * merci maman * *

7-15-17-15-2

7/12(mardi)

月に一度のお花の日。
今回は7月の暑さも見ているだけで涼しくなるような
夏らしく、パキラとアイビーを使い真白な貝殻も置いて
波の音が聞こえてきそうな雰囲気に。

とても気に入った出来具合ですが
嬉しいのもつかの間、家に着いた所で
転んでしまい折角の植木が . . . 。

半泣きで整えて、キレイに見える所から写真撮ってみました。

7-12-1

7/10(dimanche)

夏バテ防止に焼肉が食べたいと言うので
今夜は「焼肉. 泰久館」に行ってきました。
夫のオススメのお店で「美味しいよ」と。
私は初めて行くので、昼間からワクワクしていました。

平日でも混むお店らしく、しかも今日は日曜日。
6時頃に到着。席に着くとどんどん人が入ってきます。
早めに来て良かった。

センマイ、キムチ、カルビにハツに、レバーにホルモン、お野菜。
キムチは私には辛くて少ししか食べられなかったけれど
どれもとろける美味しさ、タレも美味しい。ビールも進みます。
最後に夫はテールスープと石焼ビビンバ、私はユッケビビンバを。
どれも、とても美味しかったけれど
中でもテールスープはコクがあって
辛いのがあまり得意でない私もいただける旨辛さで
とてもとても美味しかったです。(おすすめ!)

昨年の叔母さまの食事会以来の食べっぷりで
お腹が張ち切れそうですが美味しくって大大満足です。

平日は予約ができるので予約して
日祝は早めの時間に行くことをオススメします。

7-10

7/7(jeudi)

..七夕..

お昼間、実家の母から電話があり
「七夕祭りの短冊に、あなたたちは何書いてほしい?」と、
「うーん、家族の幸せと健康!」
「あとは、商売繁盛」(現実的でかわいくないなー)
「もう一つ、緑の多い田舎に暮らせますように」と
お願いしておきました。
こんなに沢山、願い事していいのかしら。
それに空は雨雲が広がり牽牛と織女は今夜会えるのかしら。
多少の雲でも会えるといいね、そして私の願いを叶えておくれ。

7-7-17-7-2

7/6(mercrdi)

お昼間、今年初めてのセミの声を聞きました。
今年は6月の中旬から暑くなり
梅雨時期というのに雨降らず、
夏のような天気が続きましたが
セミの声を聞くと夏本番という感じがします。

この日本に生まれて良かったと思う事のひとつに、
「四季それぞれの美しさを感じられる事」があります。
春夏秋冬それぞれの季節のなかで
雲の動きや、陽の流れ、移ろう花々 . . 。
雨上がりの葉に残る雫まで、季節によって姿をかえます。

毎日の暮らしの中では、ほんの小さな事だけれど
今の季節の美しさや、季節の移り変わりを感じる事ができるのは
とても素敵な事と思います。
一日に一度、空を見上げてみたり、腰を下ろして野花を見たり
耳を澄まして鳥や虫の声を聞いてみるといいですね。

写真は大好きな一冊「風と光と水のことば」
理学博士、倉嶋厚さん文*写真家、細川剛さん写真の
美しい四季の風景写真と、大気の現象や天気などを
紹介しているものです。

7-6-17-6-2