6月~雨の日~ | 珈琲豆、キッチン小物のコクリコ

珈琲豆 珈琲時間 ABOUT SHOP 商品について SHOPPING INFO ORDER
SALON Blog お便り

6月~雨の日~


● 梅雨の季節、雨の続く毎日にしてみたい事

☆ 読みたかった本や何度も読んでるお気に入りの本を
  読み返したり読んでみる。
 
☆ 雨の日の公園やお寺・神社などの木の匂いは
  湿っぽい緑のいいにおいがする。
  お気に入りの傘をさして出掛けてみる。

雨の日は家で読書を楽しみます

book-sirasubook-sirasu2book-sirasu3

憧れる白州正子さん
88歳で亡くなられるまでの彼女の人生にはとても興味深く、
ご自分のまわり全てに、とても真っすぐな視線で書かれる文章や
自然なのにそれがカタチになる美意識の高さ、とても素敵でかっこいいのです。


book-matuyamabook-matuyama2

生活を楽しむというより道楽
人生を楽しんでいるような松山猛さん。
楽しみ方が格好良く、「 粋 」
 以前TV「ワーズワースの庭」「...冒険」で
拝見し、とても好きになりました。
旅行バックに一冊入れておきたいです。
松山猛さんの本は男性も女性も
「素敵だな」と
感じられると思います


book-craftbook-borelo

いつも不思議な世界へ引きずり込まれ、
読み終えた後でも
まだ違う世界にいる様な気持ちになる
クラフト・エヴィング商曾3代目の
吉田篤弘・浩美夫妻,4代目吉田音さんの本。
文章だけでなくイラストや写真も
不思議の魅力でクラクラします。
夜眠る前に読みたい、
夢見が楽しみな一冊です。


book-ende

お気に入りおまけの2冊
レーモン・クノーの「exercices de style」は
1つの文章を99の文体で書かれている
言葉遊びのような本です。
とても面白いので読みながら一人で笑ってしまいます。

ミヒャエル・エンデの「いたずらっこの本」は
子供向けの詩やお話が書かれていて
可愛らしい内容でほのぼのします。
ときどき読みたくなる1冊です。


raincourt
お気に入りの傘とレインコート
長靴があれば、雨の日のお出掛けも
楽しくなります。
(写真はちょっぴり怪しげ. . .)