journal記事一覧 | ページ 2 / 3 | 自家焙煎珈琲豆、キッチン小物・雑貨のコクリコ

珈琲豆 珈琲時間 ABOUT SHOP 商品について SHOPPING INFO ORDER
SALON Blog お便り
2004年 4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2005年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2006年 1月2月3月4月5月6月7月~2007年1月

2005年9月

9/27(mardi)

もう、7年も前になるけれど
雑誌「LIVING LETTUCE」の
「特集...眠る人はきれい...ぐっすり眠る、すっきり目覚める」
という一冊が大好きで今でも時々出してきて見るのですが
ここで紹介されているテーマは「眠る」
会社から帰宅してから休むまで全てoffにするという事。

「ぐっすりと眠るための準備時間=綺麗になるための準備時間
 =ゆったりした気持ちで過ごすとっておきお時間」
 ...その時間があって、いい眠りにつける。

お風呂でマッサージをしたり、お気に入りの音楽かけて
本を読んでゆっくりしたりアロマでリラックスなど、
今ではみんなが日常でしている事と思いますが
この「ぐっすり眠る事」「朝すっきり目覚める事」が、
人を美しくさせ、1日1日を生き生きと
暮らせるようにするポイントとなるのです。

この雑誌を読むと「美しく凛と生きたい!」
そんなふうに思います。

10-7

(さらに…)

2005年8月

8/31(mercredi)

パリ・モダンーエコールドパリ&アールデコ展に
行ってきました。
愛知では今年、愛知万博「愛・地球博」で
とても盛り上がっています。
このパリモダン展では、
これまで7回開催されましたパリ万博が大きな役割を果たした
新しい技術や芸術の発展や移り変わり、
生活様式がアールデコの様式へと変わったこと
パリ派と言われるエコール・ド・パリの作品などを
紹介しています。

以前、初めて開催されたパリ万博で日本の浮世絵など
江戸時代の芸術が紹介されヨーロッパの芸術家たちの
作品に大きな影響を与えた事を聞き、
当時のパリ万博ってどんなだっただろうと
とても関心がありました。
今回、この展示会で100年以上も昔に
目覚ましい開発や発展した様子や
美しく斬新なデザイン、
当時の生活様式が見れて面白く思いました。

また、今のパリと100年も前のパリの風景
道や建物などがあまり変わっていない事に
とても驚きました。
昨年、1ヶ月間滞在したパリのアパルトマンが
100年前の地図に載っていたのです。
まわりの建物の様子も同じで感動しました。
何もかもが、くるくると変化し続ける今
100年前とあまり変わる事ないのもがあるって
なんだか素敵に感じます。

9-2paris-19-2paris-2

(さらに…)

2005年7月

7/28(jeudi)

土用の丑、うなぎの日。
おいしそうなうなぎを戴いたので
今晩の夕食はもちろんうな丼。

数年前にTVで「うなぎをおいしく焼こう」とかなんとかを観て
とても美味しくできたのでうな丼はこの作り方で作っています。

材料...うなぎ、濃い口醤油かたまり 300cc、みりん250cc
酒:100ccさとう:200g

1、うなぎを白焼きします。
2、うなぎ以外の材料を合わせ煮つめます。
3、2に1を入れ、タレを回しかけます。
4、3をグリルで焼いて出来上がり。
  好みで山椒をかけていただきます。
外はカリッと、中はふんわりのうなぎの蒲焼きです。

7-28

(さらに…)

2005年6月

6/27(lundi)

出荷を終え、昼頃からお出掛け
三重県の青山高原へ行ってきました。

青空市場や地のモノが見られる売店は大好きなので
小さな市場を見つけて車を止める。
「はさめず」という醤油が一押しとの事、
少し味見をしてみると美味しい!
生醤油なのにお出汁が入っているような甘みがある。
我が家のかけ醤油は、香川県、鎌田のだし醤油
これも気に入っているので、はさめずと併用して使おう。
ここで醤油と大豆を買ったら、
今朝堀たてのジャガイモを1袋おまけに戴いてしまった。嬉しい。

それからメナード青山リゾートへ
少し遅めのランチは「そば」
山かけそばと、山菜そばと、にしんそばの三品そばです。
そばを揚げた、揚げそばもパリパリとした歯ごたえと
懐かしく素朴な味がして美味しかったのでお土産に購入。

その後、緑の中の遊歩道を散歩したり
ハーブガーデンやラベンダー畑で花やハーブを楽しみました。
この時期はラベンダーが満開です。
ガーデン内のハンモックで一休みしたり
ハーブ園内にカフェもあるので、ハーブや花の香りに包まれて
ケーキやクッキー、珈琲・紅茶、ハーブティーなどいただけます。

私たちは遅めに出掛けたのでランチと散歩を楽しみ
のんびりしましたが、他にも温泉、
テニスコートや温水プール、ゴルフ、エステ
陶芸やハーブクラフト教室、パン教室などがありました。

宿泊施設(ホテルやコテージ)もあるので朝から時間を贅沢に
のんびりしてもいいですね。
思っていた以上に楽しむことができました。今度は朝から行こう。

6-27-16-27-26-27-3627-4

(さらに…)

2005年5月

5/25(mercredi)

書肆 孤島さん主催の神武夏子さんのピアノリサイタルに
行ってきました。
「フランス6人組..豊かな諧謔...エリックサティと
 ジャンコクトーの美学を映しだした音楽家たち。」

時は1920年代フランス、作曲家ミヨー、オネゲル、デュレ、
タイユフール、プーランク、オーリックの6人を
批評家コレが「フランス6人組」と名づけた。
彼らの曲を神武夏子さんのピアノと
ゲスト二井康雄氏による(暮らしの手帖 副編集長)
「 子象のババール 」の朗読。
プーランク-子象のババールの演奏とともに。

からだがプカプカと軽くなるようで心地良く
優しくて力強い神武夏子さんのピアノは
フランス6人組が目の前で演奏しているかのような、
パリのミヨーの自宅土曜の演奏会にいるような
そんな気持ちで聞くことができました。
最後に大好きなオーリックの「MOULIN ROUGU」を
聞けてとても嬉しく、最後まで楽しむことができました。

. . .moulin des amours tu tournes tes ailes . . . .

5-25

(さらに…)

2005年4月

4/28( jeudi )

今朝の朝食のメインは
Romi-Unie Confiture のジャム「vache fraise」です。
このジャムが食べたくて昨夜パンを焼きました。

苺とミルクの甘くてやさしいピンク色のジャム。
やわらかなキモチになるジャムです。

珈琲はビターなグァテマラをとろりと淹れて..
甘いジャムとしっかりとしたコクと苦味が持ち味の
グァテマラとは相性ピッタリなんですよ。

4-28-14-28-2

(さらに…)

2005年3月

3/28(lundi)

今日は一日、天気は雨。

夕方、出掛けた時も雨でした。
お気に入りの水玉の傘が使いたいから
雨の日のお出掛けは好き。

用事を済ませ帰り道に
可愛らしいピンク色の花を付けた木があり、
遠くから見て薔薇かな?と
思いましたが寄って見ると薄桃色の椿でした。

ピンク色の花びらを雨で濡らし
”ポワン”とした丸い花がとても綺麗で可愛かったです。

3-28-13-28-2

(さらに…)

2005年2月

2/27(dimanche)

甘いもの...
夫も私も甘いものが大好きです。
チョコレートやケーキにビスケット、和菓子... 。

今朝の朝食後のデザートはバナナにチョコとナッツをかけたもの。
3時のおやつは「さくらむーす」でした。
お餅の中にムースその上に桜の葉、和と洋の融合で面白いと思い
選んでみたけれど夫は餡の方がいいみたい。

毎日毎日、甘いモノ食べ過ぎかな。
今夜のおやすみ前の「いっぷく」は、ハーブティーだけにしよう。

2-27-12-27-2

(さらに…)

2005年1月

1/31(lundi)

今日は夫が東京で仕事があるため
寒くて眠いけれど am 5:30に起床。
用意をして、夫が家を出掛ける時間はまだ
外は薄暗く半分に欠けた月の横に小さな星が二つ
きらきら光っていました。
小さな雪もちらちらと降ってきて
今日も寒くなりそう、天気予報では晴れるって
書いてあったけどホントかな、なんて思いながら
早朝清掃 . . .朝早くの掃除ってお坊さんになった
ような気分。ピンとした空気が気持ちよかった。

お昼間も日照時間が延び4時を過ぎても明るいし
なんだか嬉しいな。
この時期のおやつの時間帯は窓から入る光が
とても綺麗です。窓から見える公園の木々も
白っぽく光っててとてもキレイでした。

1-31-21-31-1

(さらに…)

2004年12月

12月31日(vendredi)

COQ'LICOTも無事よい一年をおくる事ができました。
珈琲好きなお客様、雑貨好きなお客様、
HP に遊びにきて下さるお客様
今年一年、どうもありがとうございました。

12-31

(さらに…)